私はシミ取りにビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を最近は毎日使用しています。

私がシミに悩み始めたのは、クリニックで顔の診断をしていただいたときにもうすでに顔に出ていて目立っているシミ以外にも、顔の内部にたくさんのシミがあり、いつ出てくるか分からないという状況を自分の目で見てに凄く怖くなってしまいました。それからまずはシミ対策をしていかないとどんどん悪化してしまうなと思い美白化粧品を購入することになりました。

以前まではラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEXを使用していて、こちらは美白化粧品なのでシミなどにも効果があると聞き、使用してみたのですが顔も明るくならなければ少し顔周りが痒いような感じがあり、やめました。もちろんシミも治らなかったです。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は美白効果が高いハイドロキノンという成分を含んでいます。使っていくと分かるのですが1日一回クリームを塗ってあげると、2か月くらいで肌が白くなったように感じます。顔に対して刺激も一切ないですし、これを使い始めてからコンシーラーも一切使用しなくなりました。

顔を温めて、浮腫みを取ってからこのシミ取りクリームを使ってあげるだけで顔がパーッと明るくなりますし、特にシミに塗ってあげると小さくなってきたように思います。

詳しく調べたい方はこちら⇒シミトリーの口コミで効果がわかる

30歳を超えた辺りからシミが目立ってきて以来、色んなシミ対策液、シミ取りクリーム、美白商品を使ってきました。

とはいえ、専業主婦ですから、高いものは買えません。

ドラッグストアやネットで1000円前後で買えるものです。

でも、そのせいなのでしょうか?どんなシミ取りクリームを使っても全くシミが消えません・・・。

消えないまでも、薄くなれば・・・という期待を込めて、せっかく買ったのだし・・・と一応使い切るのですが、何の効果もありません。

そんな事を繰り返して、もう20年近くになります!!!

そろそろ、もうちょっと値の張るものに変えるべきか・・・と今、思案中です。

レザー治療が一番手っ取り早く効果的なのでしょうが、どうしても何となく怖くて二の足を踏んでしまっています。

自宅で、シミ取りクリームで処理できたら、どれだけラクで、お金がかからなくて、安心で、良いでしょう。

涙。もう、50歳前という年齢になりましたが、このシミ取りの努力をしなくなったら、女性である事を放棄してしまうようで、今も、多分これからも、諦めずに使い続けると思います。

もしかして、自分では気がつかないけれど、薄くなってるのかもしれないし、若干小さくなってるのかもしれないですし。

濃くなってない&増えてはいないのは事実なので。

次なる新商品を楽しみに、今後も検索を続けて色んな商品を使っていきたいと思っています。

市販コスメはどんどん進化をしているので、肌の悩みにもすぐに応えてくれる印象がありますが、化粧品は医薬品ではないため即効性ではありません。肌にできてしまったシミにシミ消しクリームが効かないと感じるのは、気持ちばかりが焦り過ぎている可能性もあります。

本来肌に生じるシミはメラニン色素が過剰で処理しきれなくて出てくるため、肌を守るためにメラニンは必要です。人間の素肌は健康なサイクルを繰り返すことができると、だいたい28日ほどで皮膚細胞は生まれ変わるようにできています。

シミ取りクリームをスキンケアに取り入れてはみたものの、効果が現れないと感じるのは、まだ使用をしてさほど経過していない可能性もあるので、気長にお手入れに使うことです。たくさんのメラニンができてしまって、それが蓄積をしたのがしみですから、新しい皮膚細胞が生まれてくれて、古い皮膚細胞は垢となって剥がれてもらわなければなりません。

しかし皮膚の新陳代謝が遅くなってしまうと、サイクルの乱れにより新しい細胞と古い細胞の入れ替わりは遅くなってしまいます。数日ほど使用しても肌はまだまだサイクルを行う途中ですから、すぐに効果が見えてはきません。

コツはシミ取りクリームを信じて数ヵ月を目安に使用を見ること、シミの場合は1年単位で取り組んでも良いほどです。シミへのアプローチはゆっくりですから、数ヵ月かけてお肌のお手入れを楽しむくらいが変化も楽しめます。

ここ数年コスメでプリマヴィスタを使用しています。

使っているのは化粧下地と、パウダーファンデーションです。おすすめな点は、一言でいうと着け心地が軽い、ということです。

以前使っていた海外ブランドの化粧下地やファンデーションは、時間が経つとTゾーンにかけてのテカリや化粧崩れがあり、悩んでいました。

そこで、マイナス5歳肌というCMを目にしてプリマヴィスタを購入。

まず、化粧下地ですが液はとてもサラリとしています。ベタ付かないのはもちろん、つけすぎてしまうこともありません。

ですが、肌によくなじみ、肌のトーンをしっかりと整えてくれます。この下地にしてから劇的に吹き出物が減りました。

そしてパウダーファンデーションですが、これは今まで使ってきた中で一番使いやすいと思ったファンデーションです。

パフに少量とって伸ばすだけで、非常に伸びがよく、毛穴をしっかりとカバーしてくれます。

以前から気になっていた小鼻や鼻先の毛穴も全く目立ちません。そしてなんといってもさらりとした着け心地が心地良いです。

すっぴん風メイクでありながら、しっかりとカバー力もあるので、普段のちょっとしたお出かけからデートまで、これ1つで大丈夫です。

プリマヴィスタを使用してから、肌がきれいだねと周りに言われる回数も増えました。これからも長く使っていきたいアイテムです。

最初に、人は紫外線を浴びるとシミの原因になったりするというのはよく聞くことだと思います。

紫外線は洗濯物を干すとき、10分ほど外に出ただけでも一週間で計算すると一時間以上紫外線を浴びることになります。

ですから、紫外線をカットしたい場合はUVカットスプレーをこまめに使用することが大事です。

次に、顔のひげ剃りについてです。

一般にひげそりをする場合には朝がおススメです。朝起きた時はもっとも毛穴が開いているものであり、お湯を用いることでひげを柔らかくすることができます。

ひげを剃る時ですが、最初はひげの生えている方向に向かって剃り進めて、ある程度剃れたら逆刃で剃るときれいにひげを剃ることができます。

ここで一つ注意なのは深剃りをし過ぎないということです。

深剃りをしてしまうと、肌を傷つけてしまう原因となり傷口から雑菌が入ってしまいます。

雑菌が入ってしまうとニキビの原因になったり、埋没毛の原因になったりするので注意が必要です。

最後に口周りを清潔にすることを心掛けましょう。

口周りに食事の油や、洗顔後の石鹸がついているだけで肌はかぶれて、ニキビの原因となってしまいます。

特に寝た後はすぐにニキビになってしまうので、寝る前に一度洗顔することをおススメします。

素肌というの非常にデリケートなものだと常に念頭に置くべきなのです。

美肌というと、どのようなスキンケアグッズやコスメを使うか、どのようにお手入れするかという外部からのアクションはかりを考えがちです。

ですがわたしは内面からのケアこそが最も重要で効果的だと感じています。

もともとは貧血体質を治して第二子を授かりたいという気持ちで食事やサプリメントを見直したのがきっかけでした。

大学生のときに過剰なダイエットをしてしまったせいで貧血がひどく、第一子を出産した後もなかなか体調が戻らず、なんとかしようと思ってのことでした。

具体的には、タンパク質を優先的に、体重×グラムは
必ずとる、ビタミンC、鉄分、ビタミンB、ビタミンA、ビタミンEは基本サプリメントとして一日しっかりとした量を補うというものを行いました。

タンパク質をとるためにプロテインも買いました。

このような生活を始めてから二ヶ月ほどした頃、なんとなく肌が明るくなり、瑞々しさが増してきたような気がしたのです。

同じような食事をしている人の経験談も読んでみたところ、やはり肌がきれいになったという人は多いようでした。

曰く、肌や髪は命を守るときの優先度が低いから、栄養が満たされて初めてそちらが潤うのだということでした。

特にビタミンCは顕著な効果があり、調子が悪いときはビタミンCをたくさんとると効果的でした。

高いスキンケアよりも、しっかりと内面を充実させることが最重要と感じた出来事でした。